青汁イメージ

青汁を飲むと便が緑色になる?

青汁を飲んでいると便が緑になるという現象が起きる人は多いようです。
青汁を飲んでいる時に便が緑になるということですぐに「青汁でなったんだ」と分かりやすいのですが、今までではあり得ない便の色になってしまうと不安になりますよね。
青汁で便が緑色になった時は不安に思う必要はありません。
これって珍しいことではないのです。

緑色の便は青汁が原因


青汁を飲んでいる時期に便が緑色になると青汁でなったんだろうなというのは分かっていても、少しだけ他の可能性も考えてしまうことがあるでしょう。
そんな時は素直に青汁が原因だと考えましょう。
青汁を飲んでいれば必ず便の色に変化が現れるというわけでもありません。
体に合う合わないなどでもなく、何も便の変化が起きないということもあります。
便が緑色になってしまっているということは青汁の栄養素が体にちゃんと吸収されていないのかなと思ってしまいがちですがそうではないのです。
青汁には「葉緑素」というクロロフィルという色素成分が含まれています。
この成分はもともと体に吸収される成分ではありません。
なので青汁の中のクロロフィルは体に吸収されることなく排出されて便に混ざります。
青汁の栄養素はしっかりと体に吸収されています。

クロロフィルは吸収されなくてもよい


緑色の便の原因となあるクロロフィルというのは吸収されずに出てしまうものだというのは分かりましたが、出てしまって良いものなのでしょうか。
クロロフィルというのは植物が光合成をしたときに作り出す緑色の色素です。
クロロフィルの主成分はマグネシウムです。
マグネシウムはしっかりと体に吸収されているのです。
吸収されることのなかった残りの成分が腸を通過して排出されます。
この際に吸収されなかったクロロフィルの成分は腸内の老廃物を吸着しながら通過しています。
クロロフィルが混じる緑色の便が出ているということはデトックスされているということにもなるのです。

緑色ではなくて黒くなることもある


青汁を飲んでいると緑色の便になるだけではなくて黒い便が出ることもあります。
それは長期間腸内に溜まっていた「宿便」と呼ばれるものです。
宿便には老廃物がたくさん含まれています。
ドロドロしたタール便のような黒い色の便でなくて宿便の黒い便ならば何も心配する必要はありません。
むしろ青汁の効果があったんだと考えるべきなのです。

↓青汁を使ったおいしいレシピ
 

Copyright(C) 2011 美容と健康.com All Rights Reserved.